頭痛・片頭痛

歯科における金属アレルギーになる原因としては、
「過去の歯科治療において、金属アレルギーを引き起こす歯科材料(被せ物、詰め物、歯の土台、歯の補強材、入れ歯など)を使っている」

 ということです。
金属アレルギーを引き起こしている原因が口の中にある場合は、すみやかに被せ物、詰め物のやり替えが必要です。
金属アレルギーを引き起こす金属を入れている限り、症状がよくなることはありません。

ここ数年で金属アレルギーの患者さんからのお問い合わせが非常に多くなっております。
これは年々、増え続けているように私達もこの医療の現場から肌で感じます。

アレルギーはご自身の許容量であるコップがいっぱいになるまで発症することはありません。

そしていよいよ許容量のコップがいっぱいになったところで

あふれ出て症状がはじめて出てき始めます。

その症状は皮膚炎など口腔内のただれや炎症であったりするものもあれば

頭痛や肩こり

めまいや肩こり

原因不明の倦怠感など全身症状として

現れる場合もあります。

私は開業当時から発信していることですが
一旦体内に取り込まれた金属は外に出ることは難しい のです。

今でこそ、マスコミ等で、歯の詰め物、銀の詰め物に対して警告を発していますが
一昔前は、金属アレルギーという言葉さえご存知ない方ばかり、でした。

今、当院でとても多い金属アレルギーに関するご相談です。

自分は、金属アレルギーかもしれない。
歯科治療で口の中には銀色の詰め物がたくさん入っている。
春から夏にかけて、手足や顔、首に赤い湿疹がたくさんでている。
かゆみもあり、炎症もある。
今まで大丈夫だった化粧品がかぶれるようになった。
金属アレルギーかどうか調べるにはどうしたらいいのか?
私の口の中に入っている歯の詰め物が原因かどうかどう調べればいいのか?」
こういったお問い合わせです。

 

 

もし同じような症状で悩まれている場合には

まずはお気軽にご相談下さい。

その原因はお口の中にあるかも、しれません。

歯科治療における金属アレルギーでお悩みの方はまずはご相談下さい。

金属アレルギーでお悩みの方、アトピー性皮膚炎、全身症状でお悩みの方まずは安心してご相談下さい。そのおつらい症状の原因はお口の中にあるかもしれません。