香川県高松市の歯科金属アレルギー専門の吉本歯科医院の吉本彰夫です。原因不明のかゆみや肌荒れにお悩みになり皮膚科に相談にはいったものの改善されずあらゆるアレルギー検査を受けられる方は大変多くいらっしゃいます。そしてもしかして歯の詰め物ではないか?口の中に入っている銀歯が金属アレルギーを引き起こしているのではないか?と思い銀歯をすべて外しセラミック(白い歯)にやりかえをされてしまう方がいらっしゃいます。金属アレルギーの原因である銀歯を外してセラミックにかえてしまえば、症状がおさまるであろう、とお考えになるのは当然のことです。しかし、セラミックにやりかえた途端に肌荒れやかゆみや湿疹といった症状はおさまったが今度はひどい頭痛や肩こりに悩まされるようになったという方が出てくるのです。

 

せっかく白い歯にやりかえたのに一体どうしてこんなことに・・・。とまた頭痛や肩こりの原因を探しはじめるということを繰り返される方がいるのです。私から見ればこれは「起こるべくして起こっている」ことなのです。

咬み合わせを無視した歯科治療は

たとえどんなに見栄えが美しくても

後が悲惨です。

ある方は上下あわせて10本の銀歯をすべてはずしセラミックの白い歯にやりかえました。セラミックにやりかえた後からひどい頭痛と肩こりに悩まされるようになりました。原因がわからずいろいろと探していたところ吉本歯科医院をお知りになりご遠方からお越し下さいました。原因は咬み合わせ異常です。実はセラミックという素材は一番硬い素材なのですね。硬いセラミックをの歯同士が口の中でガンガンガンガンあたり続けているわけです。

頭蓋骨の頭頂部分には常に衝撃がかかっています。負担がかかりすぎるのです。頭痛が起こるのは当然です。人間の歯同士は当たってもそんなに硬くないのでそこまでの衝撃にはなりません。では、またセラミックをはずしてやりかえればいいではないか?と思われれる方もいらっしゃると思います。しかし、残念ながら歯の治療とは何度もできるものではないのです。

歯の治療は何度もできない

セラミックを外す時にはご自分の歯をさらに削り取る必要があります。セラミックは接着剤で外れないように強固にくっついていますのでそれを全部外すためには大きく歯を削りとるしかないのです。

歯の強度はどんどん弱くなります。歯の神経を抜いてしまわないといけなくなるかもしれません。もうすでに歯の神経を取っている歯の場合には歯を抜かなくてはいけなくなるかもしれません。このようにリスクが大きいのです。ですからお口の中の銀歯をセラミック(白い歯)にやりかえようとされる時には必ず、事前に咬み合わせの問題をお考えになってから治療をスタートされて頂きたいのです。銀歯をはずし白い歯、オールセラミックにやりかたいと思われている方はまずはご相談下さい。

無料メルマガ購読募集中

銀歯をはずし白い歯に置き換える前に知っておくべきこと。
知っていれば歯を抜かずにすんだのに。
知っていれば歯の神経を残せたのに。
知っていれば入れ歯にせずにすんだのに。
先に知って頂くだけで歯の寿命を長くすることができる
メールマガジンを発行しています。


メルマガ登録は、無料です。