香川県 高松市の審美歯科 セラミック ジルコニア ラミネートべニア ホワイトニングなら吉本歯科医院

審美歯科治療で重要なことは「かみあわせ」です

「見た目」だけ良くなればいいのでしょうか?

「審美歯科」「歯を白くする治療」というと皆さまは一体どんなことを想像されますでしょうか?

「芸能人のような真っ白な歯にする」

「虫歯治療で入れた銀の被せ物や詰め物を白いものにやり換える」

「ホワイトニングの機械で歯を白くする」

「本物の歯のようなセラミックの被せ物をかぶせる」

といった見た目の美しさをまずは想像されるのではないでしょうか?

審美歯科=見た目の美しさであると、想像される方が多いと思います。

 

歯並びが良く歯が白くて美しいと確かに人に会った時に与える印象は格段に良くなります。

海外のビジネスマンは「歯並びが悪い」ことと「歯の色が汚れている」ことは自己管理ができていない、

自分に対する意識が低いと評価されてしまうことがあるのも事実です。

 

ですから日本においても患者の皆さまが

審美歯科治療において見た目の美しさを求めるのは「あたりまえ」です。

 

しかし、見た目だけの美しさだけを追求した結果、

悲惨な状態に陥ってしまっている患者様がいることも、事実です。

歯の神経取ったのに痛い

こんなことになるなら審美歯科治療なんてしなきゃよかった、

とおっしゃられる方も少なくはありません。

 

「歯の色」「歯並び」「噛み合わせ」に象徴されるように、

歯は見た目ばかりが気にされがちです。

しかしながら、

「噛むという本来の機能に勝る歯の役目」はありません。

 

どんな色でも、どんな歯並びでも、どんな噛み合わせでも、

よく噛めることが私たち人間にとっては最後まで重要なことなのです。

芸能人のような真っ白すぎる異常な白い歯でなくては嫌だ、とにかくまっすぐに揃った歯並びでないと美しくない

という間違った思い込みや不要なコンプレックスに惑わされて、

歯を白くする審美歯科治療をお受けになられることは大変危険です。

患者様は確かに見た目の美しさ、人前できれいに笑える白い歯を望んでおられます。

しかし前歯をすべて白い歯にやりかえた後、

顎が動かしにくくなったり、

頭痛や肩こりがひどくなってきたとしたらいかがでしょうか?

そんなことは「聞いていなかった」と後悔されたとしても、手遅れです。

歯の治療は何度もやりかえはできないのです。

 

「噛む」という本来の機能を犠牲にしてもいいのか?

白い歯にやりかえる時には健康な歯を小さく一層削り、

その上に接着材をつけ人工の白い歯に置き換える方法があります。

 

ここで知っておいて頂きたいことは一度削ってしまった歯は戻ってこない、ということです。

 

治療が終わり一時だけは白くなったご自分の歯に満足をお感じになっていても

こうした方法には実は大きな危険性があるのです。

 

ご自分の歯を削り人工の白い歯にやりかえた本数が多ければ多いほど

「噛み合わせの再現性」が難しくなります。

 

治療をする前は噛めていたのに、歯を白くする治療を受けた後、

以前噛めていたものが噛めなくなる、というご相談は少なくありません。

 

歯を白くしたいと見た目重視の審美歯科治療を受けてしまったために、

本来の歯の機能である「噛む」という機能が損なわれてしまったのでは何をしているのかわかりません。

本来の審美歯科は、外見の美しさはもちろんのこと、

機能的な美しさも同時に追求し、患者様に長い間安心していただけるような治療を提供することを目指すものです。

機能はとても重要なのです。

日本審美歯科学会による審美歯科の考え方です。

歯科医療の目標とするところは、口腔疾患の予防、治療そして健康保持にあります。この口腔機能を健康に保つことは、“食べる”という食物の摂食・咀嚼・嚥下をおこない、生命の維持と活力源になるとともに、“話す”というコミュニケーションを可能にします。これらは楽しい人生を送るための重要なポイントです。
しかしながら、たとえ歯科治療によって機能を回復できたとしても、審美的満足感が得られなければ、決して心身ともに健康を取り戻したという実感は得られないと思います。
この口腔付近の機能の回復と審美の改善は、表情は明るく、生活に活力を取り戻すことにつながります。
このように「歯科審美」は皆さんのクオリティー・オブ・ライフに大きく貢献しています。

日本歯科審美学会では、「歯科審美学とは、顎口腔系における形態美・色彩美・機能美の調和を図り、人々の幸福に貢献する歯科医療のための教育および学習に関する学問体系である(日本歯科審美学会教授要綱)」と定義しています。
われわれは、このような歯科審美学の基礎ならびに臨床を学習し、歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士のそれぞれの立場から、皆さんに質の高い「歯科審美」を提供する努力をしております。(※一般法人日本歯科審美学会より抜粋)

材質に何を選ぶかという問題ではありません。歯科材料の種類と特徴

吉本歯科医院の院長、吉本彰夫は四国で唯一の認定医です。

 

歯並び良さと咬み合わせの良し悪しは一致しません

多くの患者様とお話をしていると最も誤解されていることがあります。

それは歯並び見た目のよさ=噛み合わせ、と思っていることです。

 

歯並びがまっすぐ揃って見た目がきれいであることと、

噛み合わせがきちんとしている、きちんと噛める状態であるということは全く別の話しです。

 

見た目としての歯並びが崩れていたとしても、

その人なりに調和した上下の歯の噛み合わせが形成されていることがあります。

 

見た目としての歯並びは崩れていても、

その状態で咬み合わせのバランスが調和が取れているということはあるのです。

噛み合わせのバランスが取れていたのに、歯を白くする治療を受け白い被せ物にした途端に

上下のかみ合わせの位置関係が変わり、全身にこれまでになかったような不調が出てこられる方もいます。

見た目はいい形態に歯を入れたけれど、噛み方、噛む場所が変わった、頭に振動が響く等々あります。

歯並びはキレイになり歯は白くしたけれど、

上下の歯が噛み合わず、ものが噛めなくなったいった事例や、

頭痛や肩こりなど全身にさまざまな不調を引き起こす事例が多いことは、

意外にも知らされていない事実です。

 

審美歯科治療とは、「噛む」という本来の機能を犠牲にしてもいいのか?

と問えば私はそうではないと考えております。

一時的な「見た目」や「美しさ」を重視するだけは本来の意味での審美歯科治療ではないのでおすすめはしません。

人間として最も重要な「噛む」という生体機能を維持しながら「見た目」を改善していくこと、

優占順位をどちらにおくのかで治療内容が変わってまいります。

吉本歯科医院では審美歯科治療をお望みの患者様に対して、

咬み合わせバランスをきちんとすることを軸に患者様の様々なご要望を伺い、最善の診療方法を提案いたします。

材質が保険治療のものではない白い歯に置き換えるだけが審美歯科治療ではないことを知って下さい。

 

歯を白くする審美歯科治療

歯を白くする治療といえばでまず一般的にイメージされることはホワイトニングだと、思います。

もうひとつは過去に保険治療で選択した銀の詰め物や被せ物を、白いセラミックの歯にやり替えることも歯を白くする治療です。

歯を白くする治療メニュー

ジルコニア

非常に硬いセラミックですので耐久性に優れています。

オールセラミック

銀歯ではなく全ての歯をセラミックで修復する

ジルコニア
メタルボンド
ハイブリッドセラミック
メタルボンド

 

歯科材料の種類と特徴

香川県で金属アレルギーでお悩みの方はまずはご相談下さい。

金属アレルギーでお悩みの方、アトピー性皮膚炎、全身症状でお悩みの方まずは安心してご相談下さい。そのおつらい症状の原因はお口の中にあるかもしれません。