ピアスやネックレスでかぶれる方へ

歯医者さんと、金属アレルギーってどんな関係があるの?と思われた方も多いかと思います。

たとえば、女性であれば、「ピアス」や「イヤリング」「ネックレス」をしていた時

耳や、首まわりに赤い湿疹ができたり、かゆくなったりした経験がおありになる方がいらっしゃいませんか?

わかりやすい金属アレルギーは

ネックレスや時計、ピアス、イアリング、指輪などを身に着けている時に

金属が触れた皮膚がただれたり赤くなったりかゆくなったりするものです。

夏の汗ばむ季節には特にかぶれやすい方もいらっしゃると思います。

金属が触れた部分がこのように真っ赤にただれかゆくなったりします。

 

金属アレルギーとは、一般的に金属の装飾品を身につけた時に

かぶれやかゆみなどとして体が拒否反応を起してしまうもの、です。

一度体内に取り込まれた金属は、体内から全てを取り出すことができない

通常、貴金属そのものは身体に対して無害なものです。

しかし、体から出る汗や唾液などの体液と交わることにより

金属がイオン化を起こし溶けだします。

 

皮膚や粘膜のたんぱく質と結合することにより

「自分の体に合わないもの」と認識し

身体が拒絶反応を起こすのです。

 

イオン化した金属が体内に取り込まれてしまうことで

汗をかいた時に、かゆみが出たり、湿疹がでたり、ということが起こります。

湿疹や、かゆみだけの症状が出るだけではとどまらず、

金属アレルギーの最も恐ろしいことは、

一度体内に取り込まれた金属は、体内から全てを取り出すことができない

ということです。

 

重要なことですのでもう一度

一度体内に取り込まれた金属は、体内から全てを取り出すことができない

取り込まれた金属イオンは体内のタンパク質と結合します。

 

水俣病ってご存知ですか?

水銀汚染による公害病ですが、原理は全く同じです。

 

このタンパク質と結合した物質が私たちの体内に入り込むと

「それは異質なものである」と身体が認識し、

アレルギー反応を起こし、皮膚や粘膜を破壊していく

これが金属アレルギーのメカニズムです。

 

金属アレルギーの特徴は、花粉アレルギーなどのようにある物質に対して、

短期的にくしゃみや鼻水などの症状が出るものとは違います。

ある程度、金属の量が体内にたまり続け、その許容範囲のコップがいっぱいになった時点で、

一気に表面に溢れ出てくる遅延型のアレルギーです。

人によって溢れ出てくる時期が違います。

 

 

あふれ出ない人もいます。

発症するかしないかは

その方のお身体にどれだけの許容量があるかによって違ってきます。

その人その人によって

許容できるコップの大きさが違うのです。

今までは平気だったのに

ある時期から突然かぶれ出した

とおっしゃられる患者さんがいらっしゃいます。

 

 

それは発症するまでにもコップの中にどんどん金属は流れ込んできていたのです。

いよいよご自分の許容範囲を超えてあふれ出てしまったので

かぶれや発疹といった症状が出たというわけなのです。

 

ですので、「今は、何の症状もない」という方でも、数年後、将来に、

「ある日突然発症する」という可能性があります。

ピアスやネックレスなどによる皮膚症状は目に見える部分に接触し発症しますからその原因に気がつくきっかけになります。

 

今は、何の症状もないからといって

溶けだす金属を注ぎ続けていれば

将来発症する可能性は大きくなります。

金属アレルギーを起こさない装飾品を身に着けるにこしたことは、ありません。

身に着け続けることで体内に溶けだした金属が流れこんでいきます。

ネックレスやピアス、時計や下着の金具

これらはもちろん金属アレルギーを引き起こすものです。

歯科治療における金属アレルギーでお悩みの方はまずはご相談下さい。

金属アレルギーでお悩みの方、アトピー性皮膚炎、全身症状でお悩みの方まずは安心してご相談下さい。そのおつらい症状の原因はお口の中にあるかもしれません。