歯茎が黒くなってきた原因は金属です。

香川県高松市の

歯科金属アレルギー専門歯科

吉本歯科医院の吉本彰夫です。

 

 

歯茎がだんだん黒くなってきたというご相談があります。

下の右側の方のお写真のような感じですね。

IMG_2068.png

歯や歯茎が黒くなる原因は

「金属」なんです。

 

上の右側の写真は上の前歯2本にセラミックという被せものを

されています。

 

セラミックとは陶器です。

 

陶器はご存知のようにお茶碗みたいなものです。

ですので非常に割れやすい。

 

割れやすいからどうするかと言えば

補強するために裏打ちとして「金属」が使われるのです。

IMG_2070.png

見えている部分は白いセラミックですが

補強するために使ったものが金属であった場合

時間が経つにつれ上の写真のように

金属が溶けだします。

歯茎の色が変わってきます。

 

歯茎の色が黒ずんでいる理由は「金属が溶けだしたから」です。

 

 

さらに

歯の根っこに被せものをするために「支え」をすることがあります。

その土台に

金属を使うことが、あります。

IMG_2073.png

この金属は土台ですので

笑った時には一切見えません。

 

しかし、年数がたつにつれ土台の金属が溶けはじめます。

IMG_2074.png

あなたは

金属が溶けだしていくということを想像できますでしょうか?

 

多くの患者さんは

「まさか、口の中の金属が溶けだすなんて・・」と驚かれます。

 

口の中の金属が溶け始め

歯を黒くさせ

歯茎にまで浸透し歯茎が黒ずんでいく。

 

金属アレルギーという言葉は

今でこそテレビや雑誌、本などで紹介され一般的に知られるようになりました。

しかし、歯の治療で使う被せ物や詰め物まで

意識されている方はまだまだ少ないのではないでしょうか?

ピアスやネックレス、指輪や時計

下着の金属のフックなどでもかぶれることがある

金属アレルギーは、お口の中に入っている歯の詰め物や被せ物

歯の土台に使われている金属でもまた

金属アレルギーを引き起こしてしまう可能性は十分にあるのです。

IMG_2080.png

どんどん身体の中に金属が溶け出し

全身的な金属アレルギーにまでなってしまう方までいらっしゃいます。

IMG_2084.png

いったん溶けだした金属が体内に取り込まれると

体内から外に出すことは非常に困難です。

 

体内に流れ込んだ金属が原因で全身的な金属アレルギーの症状を引き起こしてしまわれる方も

いらっしゃいます。

 

残念ながらほとんどの方は
「そんなこと知らなかったし、聞かれもしなかった」
とおっしゃられます。

また、吉本歯科医院へお越しになられる患者さまは

「もし知っていたら、絶対にこんな治療を選択はしなかった」と。

 

歯の治療の際

被せ物を選択する時に

補強材として裏打ちにどんなものを使うのか?

支えの棒にどんな材質のものを使うのか?

その材質は将来金属アレルギーとして溶けだしてくる材質ではないのか?

 

ということを

ぜひ先に確認して頂きたいのです。

歯科治療における金属アレルギーでお悩みの方はまずはご相談下さい。

金属アレルギーでお悩みの方、アトピー性皮膚炎、全身症状でお悩みの方まずは安心してご相談下さい。そのおつらい症状の原因はお口の中にあるかもしれません。