妊婦さんができない歯の治療内容

香川県高松市の歯科金属アレルギー専門歯科、吉本歯科医院の吉本彰夫です。妊娠するとできなくなる歯の治療内容についてお話させて頂きますね。妊婦さんが「歯が痛いんです・・・」「親知らずが腫れてパンパンなんです・・・」とご相談にお見えになることが、あります。

 
しかし妊娠されている妊婦さんにできる歯科治療は本当に限られています。妊娠出産後の授乳中のお母様も同じです。妊娠中は、妊婦さんの口の入れたもの体内に入ったものがそのまま胎児へ影響を及ぼします。
出産後、授乳中はお母さんの授乳を通して赤ちゃんへダイレクトに食べたものや、体内に入ったものが影響を及ぼします。
患者さんとお話していると「そんなこと知らなかった」とおっしゃられる方があまりにも多かったので先にお知らせしておかないといけないなと感じました。
妊娠すると、その後、出産出産後、授乳生活です。赤ちゃんが1歳を過ぎるまでは人によっては
ほとんどお母さんは眠れない人もいます。お母さんは本当に大変ですよね。今まで「赤ちゃん」なんて見たことも抱っこしたこともなかった女性がいきなりお母さんになり慣れない育児をたった一人でスタートさせる方もいらっしゃいます。そんな時、歯が痛くなったりほっぺがパンパンに腫れるほど虫歯が悪化していたり親知らずが腫れてしまったりするともう、泣くに泣けません。
 
歯医者さんに行く時間も取れないのが現実なのに歯医者さんに行けたとしても妊婦さんにできる歯科治療は本当に限られています。ここで妊娠したら一切できなくなる歯科の治療についてお伝えさせて下さい。
妊娠したらできなくなる歯の治療内容
①麻酔の注射
世界最細のディスポーザブル(使い捨て)注射針「33G」
痛みを感じさせなくするため、歯科治療には麻酔を行いますが妊娠されている方、授乳されている方には麻酔はできません。
②抜歯
麻酔もできないので、歯を抜くこともできません。歯を抜いた後は、抗生物質を処方し、炎症を押さえるのですがそのお薬を処方することも妊婦さん、授乳中のお母様にはできません。
 
③歯茎の奥の深い部分のお掃除
「掃除 site:http://www.8181118.com/」の画像検索結果
患者さんによっては歯肉(歯茎)の奥の方にまでバイ菌が入り込みこびりついていることがあります。バイ菌が奥まで入り込んでいる場合には麻酔をしてから深い部分のお掃除を機械で取り除きます。この治療ができません。できないためバイ菌がつまって歯がしみたり歯が痛くなったり、ということが起こります。
④投薬
 
炎症を押さえたりばい菌を殺したり痛みを鎮静させたりといったお薬は一切処方できません。
おなかの赤ちゃんへの影響を考えるからです。そして授乳中のお母様へも同じです。授乳を通じてお薬がお子様へダイレクトに向いますのでお薬を飲んでいただくことができません。
 
この薬を処方できないということでできなくなる治療がたくさんあるのです。たとえば歯の奥に膿がたまりパンパンにほっぺが腫れあがってしまった妊婦さんがいらっしゃいました。
通常であればまずお薬を処方し飲んで頂きます。炎症を押さえるお薬です。お薬が効いてきて腫れがおさまったところで麻酔をし、膿をとっていくという治療を行なます。
しかし、妊婦さん、授乳中のお母様にはこの「お薬を飲んでもらう」ということができません。
しかし、膿がたまってパンパンに腫れて痛いでは、どうするか? 麻酔もお薬もなしで膿を取り除くしか、方法がありません。痛いです。
 
⑤薬を使った虫歯治療
歯の神経を残すための薬を使った治療(吉本歯科医院で行なっている治療です)
特殊な薬を使って行ないますため妊婦さん、授乳中のお母様には一切使うことができません。
このように、妊婦さんになった瞬間にいきなりできなくなることが、たくさんあるのです。
うちのスタッフも妊娠した途端に「薬が飲めない・・・」とつらくても我慢していました。
頭が痛かったら鎮痛剤どこかが腫れたら抗生剤、安易に飲んでいたら薬が飲めないことにびっくり。産婦人科の先生によっては安定期に入れば歯の治療をしても大丈夫と言われました、とおっしゃられるのですが長時間の治療は大変疲れますし、ストレスを伴います。多くの妊婦さんは
母子手帳をもらってから「あ、妊婦健診票が入ってるから行かなきゃ」ということで歯医者さんに行くことが多いです。お口の中に何の問題もない方はいいのですがそうでない場合は、妊婦さんになってからでは、遅いことがほとんどです。次の歯科治療のチャンスは妊娠出産後、授乳も終わった時です。
2人目、3人目と出産されるお母様は10年くらい歯医者さんにまともにいけなくなる方も少なくはありません。
 
特に妊娠出産を経て女性は当然ですが栄養をたっぷり子供さんに与えるためご自身に栄養が枯渇しがちです。
歯を健康に維持するにも栄養が必要です。
栄養がないと
歯がもろくなったり
割れやすくなったり
欠けやすくなったり
歯茎の状態が悪くなったりします。
 
子育て時期に歯がボロボロになって40代、50代になった時もうまともに噛めない口をあけて笑えない状態にまでなっているという女性は多いです。
40代という若さで多くの歯を失ってしまい入れ歯やブリッジを使われている方も少なくはありません。
ご自身が歯で大変ご苦労されている女性はご自分の娘さんやお嫁さんには
「妊娠する前に歯を完璧に治してもらってきなさい」
「結婚する前に口の中の悪いところ全部治しておきなさい」
と言われます。
ご自分がさんざん苦労されてきたから、です。
結婚する前に子供ができる前に口の中の悪いところ全部治したいんです
というご相談は当院では多いですがまだまだ、ご存知ない方の方が圧倒的に多いんだと、思います。妊娠出産授乳&育児期は女性にとっては大変な一時期です。たった一人で乗り切らなきゃいけないことだってあります。そんな時期にできれば歯のことを考えずにすむようにして頂きたい。どうぞ、これから妊娠する可能性がおありになる女性は妊娠する前に、お口の状態を知って下さい。痛みが出そうな場所はないか?歯に汚れはついていないか?(汚れがついているとしみたり腫れたりします)噛み合わせはどうか?多くの妊婦さんや授乳中のお母様が私共にお越しになり「ああ・・・・、こんなことなら妊娠する前にちゃんとしておけばよかった」と悔やまれます。先に知っておくことで対処できることはあるんです。
どうぞ、知って下さいね。

歯の神経を取るとどうなるの?(動画もご覧下さいね)

 

 

無料メルマガ購読募集中

銀歯をはずし白い歯に置き換える前に知っておくべきこと。
知っていれば歯を抜かずにすんだのに。
知っていれば歯の神経を残せたのに。
知っていれば入れ歯にせずにすんだのに。
先に知って頂くだけで歯の寿命を長くすることができる
メールマガジンを発行しています。


メルマガ登録は、無料です。