歯を削る前にご相談下さい|高松市の金属アレルギー歯科

歯を削らず治療

吉本歯科医院にメール相談を頂き、その後受診下さった

患者さんのお話です。

 

『数か月前に虫歯ができの虫歯治療をしてもらいその時、歯の神経近くまで削りました。

削った後に詰めたものは銀色のアマルガムの詰め物です。

 

治療後は1週間ほどズキズキ痛みが続きましたが

しばらくするとズキズキする痛みは落ち着いてきました。

しかし、冷たいもの、熱いほうじ茶などを飲むと歯がキーンとしみています。

ぬるくなったものでも時々しみる時があります。

 

何もしていない時でも奥歯を噛んだ時には

ピキーッとなる痛いピークがあったり、痛いのが落ち着いたりです。

 

以前受けた診断は「歯の神経が死にかけている」という状態でした。

このような状態で歯の神経を残す治療が受けられますか?』

このようなご相談です。

 

歯を大きく削り取ってしまう前であれば

歯の神経を残し薬で処置を行うことができるケースがほとんどです。

 

しかし、もうすでに虫歯治療で

歯を大きく削り取ってしまっている場合には

吉本歯科医院で行う削らず薬で治す処置が行えない状態になっているケースが多いです。

 

 

歯を大きく削る前にご相談下さい。

 

The following two tabs change content below.
香川県高松市。歯科の金属アレルギー対応 吉本歯科医院。歯学博士。噛み合わせを専門。金属アレルギーを起こしやすい方へ歯科金属アレルギーのご相談を専門に行っております。

無料メルマガ購読募集中

銀歯をはずし白い歯に置き換える前に知っておくべきこと。
知っていれば歯を抜かずにすんだのに。
知っていれば歯の神経を残せたのに。
知っていれば入れ歯にせずにすんだのに。
先に知って頂くだけで歯の寿命を長くすることができる
メールマガジンを発行しています。


メルマガ登録は、無料です。