歯を白くしたくてセラミックスにやりかえた後、頭痛と肩こりがひどくなる理由

香川県高松市の歯科金属アレルギー専門吉本歯科医院の吉本彰夫です。

歯を白くしたい、被せ物の金属が笑った時に見えるので白いセラミックスに変えたい、芸能人のようにきれいな歯にしたい、結婚する前にすべての歯を白くきれいにしておきたい、こんな理由で歯を白くするセラミックスにやりかえる治療をお受けになられる方は少なくありません。しかし白い歯にやりかえて笑った時にきれいになったのはいいけれど問題を抱えてしまう方がいらっしゃいます。それがセラミックス(白い歯)に被せ物をやりかえた後の頭痛や肩こりの発症です。毎日ロキソニン(痛み止め)を飲んでも効かないという状態にまでなってしまったという方もいらっしゃいます。よくあるご相談です。まさか、歯の治療が原因で頭痛や肩こりが起こるなんて?と思われたかもしれません。しかし白い歯にやり替えた後頭痛や肩こりがひどくなってしまったということは私から見れば「起こるべくして起こっている」ことなのです。咬み合わせを無視した歯科治療はたとえどんなに見栄えが美しくても後が悲惨です。まずその理由をお話させて下さい。

まず第一の原因としてかみ合わせバランスの悪さによる問題というものがあります。

白い歯にやり替えをする際に口を開けた時の「見た目」だけを優先し治療設計をしてしまうと
このようなことが、起こります。咬み合わせ=歯並びとお考えの方が非常に多いのですがそれは、違います。歯が綺麗に並んでいることが咬み合わせがいいこととはまったく意味あいが違うのです。見た目が綺麗に揃っていることとちゃんと噛めるちゃんと歯が当たって噛めているお口全体の咬み合わせバランスが整っているということはまた別の話なのです。
当然ですがお口の中は写真のように多くの歯が支えあっています。単独で存在しているのではなくそれぞれの歯で支え合っているのです。
左の歯から右の歯、真ん中そして上の歯と下の歯全部支え合っています。
お口の中の歯は他の歯よりも早く当たる部分他の歯よりも強く当たる部分という場所があります。ご自身の歯よりもはやく当たる部分に強く当たる部分に硬すぎる材質のもの
例えばセラミックスなどの材質を入れてしまう。または、軟らか過ぎる材質のもの例えばプラスチックやハイブリッドセラミックスなどの材質を入れてしまう。
これらのことでさまざまなトラブルが起こります。
そのトラブルとは頭痛肩こりひどい方であれば不眠症にまでなっておられます。
さらにお口の中のやり替えた被せ物がかなりはやい段階で
割れる
壊れる
折れる
セラミックにやり替えた上の歯と咬み合う相手の自分の歯が割れてしまうすり減ってしまう
といったことが起こります。
白い歯にしたい銀の詰め物や被せ物を外し白い歯に変えたい黄ばんだ歯を白くしたいこれは
誰でも願うことです。しかし知っていて欲しいのです。
歯を白いものにやりかえる審美歯科であっても最も重要なことは咬み合わせであるということを。
見た目だけをいじってもダメなのです。
見えている部分だけを触ってもすぐに割れたり折れたり故障したりするのです。
咬み合わせを無視した歯科治療は後が悲惨です。

無料メルマガ購読募集中

銀歯をはずし白い歯に置き換える前に知っておくべきこと。
知っていれば歯を抜かずにすんだのに。
知っていれば歯の神経を残せたのに。
知っていれば入れ歯にせずにすんだのに。
先に知って頂くだけで歯の寿命を長くすることができる
メールマガジンを発行しています。


メルマガ登録は、無料です。