アマルガム(保険内歯科金属材料)

保険診療で虫歯の治療に使用する歯の詰め物や被せ物には「歯科用水銀アマルガム」

という水銀を50%含む金属がこの日本では使われております。

保険診療が適応されるので、現在でも多くの歯科医院で普通に使用されています。

現在、日本人の多くのお口の中にはこの「アマルガム」か「金属パラジウム合金」という

金属が入っています。

 

アマルガムが恐ろしいのは、アマルガムは口の中で溶け出しどんどん水銀が広がっていくことです。
金銀パラジウム合金も同じです。

保険診療が適応されるので、現在でも多くの歯科医院で普通に使用されています。

また、患者さんも保険が認めている治療ということは、

厚生労働省が認可している材料なのでまさか危険なものはないだろうそう思われている方がほとんどです。

この歯科用アマルガムが日本で相当量売れている、という現実がある

ということは、日本では一般的に使われている歯科材料、と言えるでしょう。

 

最近、患者さまからよく質問されることがあります。

「金属アレルギーで問題になっているアマルガム治療が自分の口の中にされており心配」
という内容です。

あまりにも多いご質問なので、一度ここで私の考えについてお話させて頂きます。

近年マスコミでもアマルガム治療について、小さな水ぶくれが掌や足の裏にでき、皮膚が荒れてしまうだけでなく、

放っておくと、胸や首、腰などの骨や関節が激しい炎症を起こし、激痛をもたらすこともある恐ろしい病と大々的に取り上げられました。

金属アレルギー検査をされてみて、もし陽性反応がでているようであれば治療をされることをおすすめします。

日本ではアマルガム治療は、保険診療で認められており、現在も一般的な治療として使われています。

アマルガムは、銀、スズ、銅、少量の亜鉛、そして残りの40~50%が水銀で構成されています。
この治療には賛否両論あります。

アメリカ歯科医師会(ADA)は、アマルガムに含まれる水銀は「安全」である、としています。
それに対し、スウェーデンやドイツでは使用が禁止されており、イギリスでも妊婦さんへの使用には警告を発しています。
私自身、学生時代にはアマルガムから生じる水銀よりも、食物や空気から生じる水銀の量の方が多いことを教わりました。
しかし、これは実験室でのお話であって、このアマルガムの予後は歯科医師のいわゆる術者の腕によって、また口腔内の環境によって大きく左右されます。

実際は3年以内でほとんどのアマルガムは劣化を示しており、約10年後には70%が溶けて消失するという結果を出している研究者もいます。
このような理由から

私は吉本歯科医院では、虫歯治療に際し、「アマルガム治療」を行っておりません。

確かに症状の出ない患者さんの方が数は多いかもしれません。
しかし、金属アレルギーは「なってから対策を考える」ことは、できないのです。
「なる前に防ぐ」ほうが、望ましいのです。
また「なってしまってからではもう遅い」のです。

 

さらに口の中には唾液がありますが、その唾液が電解液として作用し、金属を溶かしていきます。
また、その他にも、果実、野菜、コーヒー、お茶なども化学反応を引き起こす原因になります。
上下の歯が噛み合ったときの摩擦によって金属のイオンが唾液に中に広がり、さらに危険性は高まります。
そして時間とともにさらに水銀を含む金属が溶け始め、内臓に吸収されさらには血流に乗って全身を巡り、取り込まれた金属イオンは体内のタンパク質と結合します。

このタンパク質と結合した物質を異常なものと認識した生体がアレルギー性をもつようになり、再び同じ金属が体内に入ってタンパク質と結合すると皮膚や粘膜を破壊することが

「金属アレルギーのメカニズム」といわれています。

口の中の「ただれ」「炎症」、「全身倦怠感」「肩こり」「めまい」「頭痛」「イライラ」

などもこれら金属アレルギーが原因ではないか?と最近では研究が行なわれています。

 

お口の中の金属を除去し、金属アレルギーを起こさないものに

置き換えただけで症状が劇的に改善されることがあります。

 

 

歯科金属アレルギー専門の吉本歯科医院では

セラミックを超えたセラミックス、セルコンジルコニア 先端歯科医療(金属アレルギーを起こさない歯科材料)

を患者様に提供しております。

 

セルコン ジルコニアの特徴

 

セルコンジルコニアの5つの優れた特徴

①高い強度と長期安定性

②優れた審美性

③優れた生体親和性

④高い安全性

⑤高い信頼性

 

 

歯科治療における金属アレルギーでお悩みの方はまずはご相談下さい。

金属アレルギーでお悩みの方、アトピー性皮膚炎、全身症状でお悩みの方まずは安心してご相談下さい。そのおつらい症状の原因はお口の中にあるかもしれません。