金属アレルギーを起こさない審美歯科治療

審美歯科では、治療前に行う「カウンセリング」がとても重要です。

審美では、歯の機能的な回復だけではなく、あなたの魅力的な笑顔の実現が関係します。

審美歯科では

「一般歯科以上の高い技術力」

「豊富な経験」

「口元をデザインするセンス」

が求められることはいうまでもありません。

しかし、審美歯科では、重要なものはまだあるのです。

 

審美歯科では、患者様がどのような「口元を望んでいるのか」また「どのような治療で実現するか」が重要であり、

じっくりカウンセリングを行なわないと、ご満足いただける治療が行なえないからです。


左)やや八重歯になって変色気味の歯でした。
右)審美治療の結果、白く綺麗に整いました。


左)古い差し歯や着色の歯、八重歯でした
右)審美治療の結果、白く整った歯になりました。

 

吉本歯科医院では患者様が望む口元を実現することこそが治療の目的と考えます。

金属アレルギーを起こさないノンメタル治療で

咬み合わせバランスを整えながら、最終工程まで進めてまいります。

 

単純に、白いものに置き換えればいいと、治療してしまった結果

思いもかけぬような不調が起こってしまっては元も子もありません。

セラミックにやり替えた後に頭痛や肩こり、耳鳴りが起こる理由

当医院では、これまで培った審美の技術と経験を活かし、

患者様が本来持つ素敵な笑顔を実現できるように、お一人お一人親身になって治療に当たっていきたいと考えております。

 

審美歯科において必要なことは

審美歯科で実現する”美しさ”には、沢山の要素が関係します。

審美歯科の治療に使用する歯科用修復材の「クオリティー」はもちろんのこと、歯科医師の「”美しさ”の感覚」「治療技術」「リラックスできる環境」も必要です。

審美では、こうしたすべての要素を兼ね備えて、はじめてあなたが望む歯の”美しさ”が実現できるのです。

つまり、審美の観点から見ると歯をきれいにするには、個人差があり、理想もそれぞれ異なります。
女性らしい口もと、男性らしい口もと、ナチュラルな笑顔、ハリウッドのような笑顔、若々しく、個性的に…などお客様の様々な望みがあると思います。

しかし、みなそれぞれに答えがあるのです。

白い歯と一言でいっても

不自然なほど「真っ白」をご希望される方もいらっしゃいます。

とにかく「芸能人のこの人のように真っ白にしたい」とお写真をお持ち下さる方もいらっしゃいます。

逆に、とにかく「自分の歯となじむ自然な色」を望まれる方もいらっしゃいます。

あえて、他の歯に合わせて黄色っぽくしてほしいという方もいらっしゃるのです。

まずはカウンセリングによって「十分に話し合うこと」が審美歯科の第一歩です。

ラミネートベニア

歯の表面だけを薄く削り、シェル状のセラミックを張り付けて審美的修復を行う治療法です。

歯の色、形、詰め物の変色による問題を、よりダメージの少ない方法で解決できます。セラミックのみの修復なので歯肉との境目や歯の色、透明感は、より天然歯に近く自然な仕上がりとなります。


左)古い詰め物が所々に詰まっており歯の色も変色しています。
右)前歯4本をラミネートベニヤ治療後です。


口元のアップです。とても自然で白い歯に仕上がっています。

オールセラミック

幼児期の薬品による着色などにはオールセラミックでの治療をおすすめしております。

 メタルボンドが一部金属を使用しているのに対して、全てをセラミック素材で作成します。一つの歯にセラミックの冠をすっぽりとかぶせます。そのためオールセラミックは、体に対する異害作用がなく、最も生体親和性が高くなります。
つまり体に優しく、金属アレルギーのある患者様にも安心です。
また、全てがセラミックであることの利点として、セラミック自体の透明性を一層活かすことができ、「最高級の素材」となります。従来のセラミックは、メタルにセラミックを焼き付けるタイプのものでした。これはメタルにより光が遮断され透明感が出にくく、歯肉とのラインが黒ずんで見えてしまいます。
オールセラミックはメタルを一切使用しないことで、天然歯の色調、透明感を再現し、より自然な仕上がりとなります。ただし歯の表面全体を大きく削るという難点があります。


左)幼少時の薬の副作用で黄ばんだ歯になっていました。
右)上下16本オールセラミックで治療しました

セラミックとは

セラミックという素材は、歯科治療を行う上で生体親和性が非常に高く、見た目の美しさのみならず、その機能も天然歯と変わらない素材として多くの審美歯科で採用されています。
従来の歯科治療では、歯が欠けたり、なくなったりした場合、例えば金属を用いて噛む機能(咀嚼機能)を改善するために欠けたりなくなったりした部分を補うのが第一の治療目的でした。
審美歯科では、単に悪い箇所を治すだけでなく、更に快適に社会生活を営めるよう従来の歯科治療の延長線上に「機能」と「美しさ」をプラスし、患者様の肉体的及び精神的健康の回復と維持を目的とし最先端の技術を採用し治療を行っています。当院では、患者様一人一人の状態に合わせ、強さと美しさを兼ね備えた「最高水準のセラミック治療」を心がけています。

セラミックインレー(セラミックの詰め物)

セラミック素材の詰め物で、金属や歯科用プラスチックでは得ることの難しい自然な白い歯の輝きを映し出すことで「歯の美しさ」を得られます。また、機能面では金属と異なり耐用性に優れているため、安全で半永久的に利用いただけます。虫歯や、虫歯治療等で詰めた金属(いわゆる銀歯等)の詰め物を取り除いた部分にセラミック素材の詰め物に変更します。

 

 

歯科金属アレルギー専門の吉本歯科医院では

セラミックを超えたセラミックス、セルコンジルコニア 先端歯科医療(金属アレルギーを起こさない歯科材料)

を患者様に提供しております。

 

セルコン ジルコニアの特徴

セルコンジルコニアの5つの優れた特徴

①高い強度と長期安定性

②優れた審美性

③優れた生体親和性

④高い安全性

⑤高い信頼性

 

高い強度と長期安定性
酸化ジルコニウムを主原料としたセルコンベースで製作した修復物は、曲げ強度が900MPa、弾性係数が210GPaと非常に高く、前歯部のみならず、臼歯部3本ブリッジにも適応が可能です。また従来の酸化アルミニウムは、経年変化により破折危険な強度まで落ちてしまいますが、酸化ジルコニウムは、結晶構造が緻密なため、耐久性と耐腐食性に優れ経年変化後も臼歯部ブリッジに必要な強度を維持します。
優れた審美性
セルコン ジルコニア セラミックスを使用して製作した修復物は、天然歯に近い審美性を有します。メタル セラミックスの治療を施した左の写真では、修復物から金属イオンが溶け出しマージン部が黒く変色していますが、金属を一切使用しないセルコン ジルコニア セラミックスを使用した右の写真では、マージン部分の歯肉も健全な状態のまま審美性が保たれています。
優れた生体親和性
セルコン ジルコニア セラミックスにて製作した修復物は、金属を一切使用しないため、優れた生体親和性を有します。口腔内の修復物の金属成分がアレルギーの原因となり、手のひらに影響が出ています。金属を口腔内から撤去することにより、アレルギーが解消されました。また、既に装着されている修復物に含まれる金属との相互作用も報告されておりません。
高い安全性
衛生面では、酸化ジルコニウムは純チタンと比較して表面性が滑らかなため細菌の付着が少なく、安全性に優れています。

セルコン・ジルコニアセラミックスは、金属イオンの影響がありませんので、長期間にわたる使用後も歯肉の退縮や着色がなく、より天然歯に近い色調再現をお約束いたします。

歯科治療における金属アレルギーでお悩みの方はまずはご相談下さい。

金属アレルギーでお悩みの方、アトピー性皮膚炎、全身症状でお悩みの方まずは安心してご相談下さい。そのおつらい症状の原因はお口の中にあるかもしれません。