IMG_2068.png

歯茎が黒くなってきた原因

また、口を開けて見える部分だけでなく歯茎がだんだん黒くなってきということもあります。

IMG_2068.png

歯や歯茎が黒くなる原因は「金属」です。上の右側の写真は上の前歯2本にセラミックという被せものをされています。セラミックとは陶器です。陶器はご存知のようにお茶碗みたいなものです。ですので非常に割れやすい。割れやすいからどうするかと言えば補強するために「金属が使われるのです。

IMG_2070.png

見えている部分は白いセラミックですが補強するために使ったものが金属であった場合時間が経つにつれ上の写真のように金属が溶けだします。

歯茎の色が変わってきます。歯茎の色が黒ずんでいる理由は「金属が溶けだしたから」です。さらに歯の根っこに被せものをするために「支え」をすることがあります。その土台に金属を使うことが、あります。

IMG_2073.png

この金属は土台ですので笑った時には一切見えません。しかし、年数がたつにつれ土台の金属が溶けはじめます。IMG_2074.png

あなたは金属が溶けだしていくということを想像できますでしょうか?多くの患者さんは「まさか、口の中の金属が溶けだすなんて・・」と驚かれます。口の中の金属が溶け始め歯を黒くさせ歯茎にまで浸透し歯茎が黒ずんでいく。金属アレルギーという言葉は今でこそテレビや雑誌、本などで紹介され一般的に知られるようになりました。しかし、歯の治療で使う被せ物や詰め物まで意識されている方はまだまだ少ないのではないでしょうか?

ピアスやネックレス、指輪や時計、下着の金属のフックなどでもかぶれることがある金属アレルギーは、お口の中に入っている歯の詰め物や被せ物

歯の土台に使われている金属でもまた金属アレルギーを引き起こしてしまう可能性は十分にあるのです。

IMG_2080.png

どんどん身体の中に金属が溶け出して、全身的な金属アレルギーにまでなってしまう方までいらっしゃいます。

IMG_2084.png

いったん溶けだした金属が体内に取り込まれると体内から外に出すことは非常に困難です。体内に流れ込んだ金属が原因で全身的な金属アレルギーの症状を引き起こしてしまわれる方もいらっしゃいます。残念ながらほとんどの方は「そんなこと知らなかったし、聞かれもしなかった」とおっしゃられます。また、吉本歯科医院へお越しになられる患者さまは「もし知っていたら、絶対にこんな治療を選択はしなかった」と。では、金属アレルギーが出た段階で歯の詰め物や歯の被せものを外してやりかえればいいじゃないか?と思われる方もいるでしょう。

被せ物や詰め物をやりかえる時は大きく歯を削ることを知っていますか?

しかし、話はそう簡単なものではないのです。実際に被せものを外してみるとこのようになっています。

IMG_2075.png

右側の写真をご覧ください。ご自身の残っている歯の根っこには金属が溶けだしているのです。ご自身の歯の根っこは一体どうなっていると思われますか?実は金属で真っ黒になっているんです。歯を白くしたい、または自分の歯のように自然な色に見せたいと、ご相談にお越し下さいます。しかしいったん金属が溶けだした歯の黒い部分は削り取らなくてはいけません。

ですが、思い出して下さい。一番最初に歯の治療をして被せ物をする時点で、もうすでにすでにもう外周一層削ってるんです。接着剤をくっつけるためにのりしろ部分を削る必要が、あるんですね。外周一層削ることによって被せ物をすることができているんです。歯の治療の度に、歯を削り取っているのです。歯は削れば削るほど歯の神経に近くなっていくのです。

「歯の神経 site:http://www.8181118.com/」の画像検索結果

歯の神経に近くなるまで削るから歯の神経が痛みだす歯の神経がしみだすということが起こり始めます。歯の神経が痛み出したならもはやそこで「歯の神経を取らないといけませんね」という診断になってしまうのです。

「歯の神経 site:http://www.8181118.com/」の画像検索結果

ですから今回また、治療をやりなおす、被せ物を外してやりかえるとなると今ある黒くなった被せ物を外しているわけですからそこからさらにまたのりしろを作るために歯を削る必要があるのです。

160426_152447.jpg

削れば削るほどどんどんご自身の残っている歯の根っこ、細く細く薄く薄くなっていくんです。IMG_2089.png

歯の根っこが薄くなってしまうと、噛んだ時に噛む力によって割れたり折れたり長く持たなかったりします。

「歯の神経 site:http://www.8181118.com/」の画像検索結果

何回もやりかえている方では、芯棒を外す時に、このようにパキッて割れてしまう方までいらっしゃるんですね。

IMG_2091.png

歯の根っ子(歯根)が割れてしまったら、もう歯を抜くしかないんですね。もう一回芯棒立てて、被せ物をできるんじゃないんですか?とよく患者さん、おっしゃられるんですが実はできない、んです。芯棒によって歯の根っこが揺すられます。そうすると根っこのまわりの骨がどんどん溶けていきます。残念ながらこの場合はもう歯を抜かないといけなくなります。ですから、歯の被せ物は何度もやりかえができるものではありません。色が黒くなったら金属アレルギーを発症したらその時、白いものにやりかえたらいいじゃないかその時、金属アレルギーを起こさない材質に変えたらいいじゃないかと思ってしまいがちです。ただし・・・・あなたの歯を失う時期が早まってしまう可能性がありますよという注意書きが、小さく小さく付いているということなのです。

治療をする前に治療をお受けになられる皆様が知っておいた方がいいことは、

☑この材質を使えば将来どういうふうになっていくのか?

☑金属が溶け出す材質なのか?金属が溶け出さないものなのか?

☑金属のような色がでてくるものなのか、出てこないものなのか?

☑その素材は全身に対してどういう影響を及ぼすのか?及ぼさないのか?

☑金属アレルギーの可能性がある方は、金属アレルギーにならない材質なのか?

IMG_2094.png

金属アレルギーを起こさないセルコンジルコニアの特徴

セルコン ジルコニアの5つの優れた特徴

高い強度と長期安定性
酸化ジルコニウムを主原料としたセルコンベースで製作した修復物は、曲げ強度が900MPa、弾性係数が210GPaと非常に高く、前歯部のみならず、臼歯部3本ブリッジにも適応が可能です。また従来の酸化アルミニウムは、経年変化により破折危険な強度まで落ちてしまいますが、酸化ジルコニウムは、結晶構造が緻密なため、耐久性と耐腐食性に優れ経年変化後も臼歯部ブリッジに必要な強度を維持します。

酸化アルミニウム結晶構造

酸化ジルコニウム結晶構造
酸化ジルコニウムの解説をご覧下さい。
※ムービーをご覧になるには「最新のFLASHプレイヤー」が必要です。持っていない方はこちらから。
酸化ジルコニウム 曲げ強度(Mpa)
べニアリングセラミックス
80~100
プレッサブルセラミックス
120~300
アルミナセラミックス
500~600
セルコン ジルコニア
セラミックス
900~1200
優れた審美性
セルコン ジルコニア セラミックスを使用して製作した修復物は、天然歯に近い審美性を有します。メタル セラミックスの治療を施した左の写真では、修復物から金属イオンが溶け出しマージン部が黒く変色していますが、金属を一切使用しないセルコン ジルコニア セラミックスを使用した右の写真では、マージン部分の歯肉も健全な状態のまま審美性が保たれています。

メタルセラミックスによる治療

セルコンジルコニアセラミックスによる治療

 

優れた生体親和性
セルコン ジルコニア セラミックスにて製作した修復物は、金属を一切使用しないため、優れた生体親和性を有します。左の写真では、口腔内の修復物の金属成分がアレルギーの原因となり、手のひらに影響が出ています。一方右の写真では、金属を口腔内から撤去することにより、アレルギーが解消されました。また、既に装着されている修復物に含まれる金属との相互作用も報告されておりません。

【写真提供】東京医科歯科大学 三浦宏之 教授

 

高い安全性
衛生面では、下の写真が示すように、酸化ジルコニウムは純チタンと比較して表面性が滑らかなため細菌の付着が少なく、安全性に優れています。
純チタン
酸化ジルコニウム
Bacteria Adhesion on c.p. Titanium and Zirconium Oxide Discs:
An in Vivo Human Study Scarano A, Piattelli M, Caputi S, Favero GA, Piattelli A:
J Periodontol Feb.2004; Vol 75, No.2, 276-280

 

高い信頼性
デンツプライ三金社は、120年の歯科医療における企業実績、世界での臨床実績、世界120ヶ国に広がるネットワークにより、高品質な製品・サービスを長期的に提供できます。

 

セルコン ジルコニアの臨床例

セルコン・ジルコニアセラミックスは、金属イオンの影響がありませんので、長期間にわたる使用後も歯肉の退縮や着色がなく、より天然歯に近い色調再現をお約束いたします。

 

保険治療 メタル・セラミック
による治療
セルコン・スマート・
セラミックス治療
金属アレルギー あり
黒いライン あり
歯肉の変色 あり
金属アレルギー あり
黒いライン あり
歯肉の変色 あり
金属アレルギー なし
黒いライン なし
歯肉の変色 なし

香川県で金属アレルギーでお悩みの方はまずはご相談下さい。

金属アレルギーでお悩みの方、アトピー性皮膚炎、全身症状でお悩みの方まずは安心してご相談下さい。そのおつらい症状の原因はお口の中にあるかもしれません。