白い歯セラミック治療をするまえに知っておくこと

セラミック治療なら香川県の吉本歯科医院

セラミックの歯の治療をする前に知っておいて頂きたいことです。

セラミックの歯の治療は

プラスチックの詰め物や銀歯の詰め物に比べて多くの利点はあります。

しかしセラミックの歯の欠点もあるんです。

それぞれの素材の利点と欠点を知った上で治療されないと後悔されてしまう方が

いらっしゃいますので、後悔したというご報告を受けます。

セラミックというのはお茶碗と一緒です。

お茶碗と一緒なので

強い力が一時的に一箇所にかかると欠けたり割れたり

してしまうんですね。

プラスチックの歯の場合はすり減って削れていきます。

お茶碗の場合は割れたりもします。

ですから、長くもたせるためには

①割れない工夫

②一箇所に力が集中しないような策

が必要です。

また、1本の歯の治療であれば

そんなに大きなトラブルにはなりにくいです。

 

しかし、

上の歯も下の歯もセラミックだった場合には

トラブルが起こります。

 

例えばかみ合わせの相手の歯もセラミックだった場合、

お茶碗同士をカチカチカチカチぶつけている状態です。

 

かたいものとかたいものが

ぶつかり続ければ・・・かならず壊れます。

 

硬いものと硬いものが当たれば

カンカンカンカン音がしますよね。

上下の歯をセラミックスにされた場合には

欠けた割れたりカンカン音がする、というような感じがするようになったと

お悩みになられる方は少なくありません。

 

特にくいしばりや歯ぎしりの強い方の場合は、顎が痛くなったり、その振動が頭に響いたり、このような事が起こり得ます。

結婚するまえに

歯を白くしようと考え

笑ったら見える部分をすべてセラミックにやりかえた後

頭痛が頻繁に起こるようになったというお悩みの原因は

ここにあります。

 

次に、口の中の多くの歯を、セラミックのような材質にした場合です。

芸能人の方は最近増えています。

全部白い歯に置き換える。

そうするとあっちもこっちもカンカンカンカンと当たります。

ちょうどご自身の歯であれば畳の上を素足で歩くようなイメージ。

これがセラミックの歯であれば、大理石の上をハイヒールで歩くようなイメージです。

大理石の上をハイヒールで歩く時のような衝撃が

つねにセラミックの歯同士では起こり得ます。

当然、カチカチカチカチ当たるわけですから、いずれ欠けて割れたりします。

その為、同じセラミックスでも欠けたり割れたりしにくいジルコニアであったり、ではジルコニアにして固くなったから大丈夫なのか?というと実はそのジルコニアやセラミックスを支えているのはご自身の歯です。

その衝撃はご自身の歯へ伝わり、

ご自身の歯が欠けたり、割れたりもしてきます。

ですから、セラミックスの治療は、実は、かみ合わせが非常に重要だと私は考えています。

①かみ合わせのバランス

②歯同士が当たるときのタイミング

③1本の歯ではなく2本3本の歯で同時に力を支える

これが本当に重要なことなのです。

歯の治療は何度もはできません。

セラミックなど白い歯にやりかえる時に

最も重要なことは「かみあわせ」です。

The following two tabs change content below.
香川県高松市。歯科の金属アレルギー対応 吉本歯科医院。歯学博士。噛み合わせを専門。金属アレルギーを起こしやすい方へ歯科金属アレルギーのご相談を専門に行っております。

無料メルマガ購読募集中

銀歯をはずし白い歯に置き換える前に知っておくべきこと。
知っていれば歯を抜かずにすんだのに。
知っていれば歯の神経を残せたのに。
知っていれば入れ歯にせずにすんだのに。
先に知って頂くだけで歯の寿命を長くすることができる
メールマガジンを発行しています。


メルマガ登録は、無料です。