歯医者さんのレントゲン写真でわかること

香川県高松市の歯科金属アレルギー専門歯科、吉本歯科医院の吉本彰夫です。歯医者さんでレントゲン撮影をしたらどんなことがわかりますか?というご質問を頂きました。歯医者さんのレントゲンの見方をお話させて頂きますね。

顎の骨全体をうつすパノラマレントゲンという写真です。パノラマレントゲンはお口全体顎の骨まで撮影することができる大きな写真です。小さい部分だけ複数撮影するレントゲンをデンタルと言います。

覚えて頂きたいことはとっても簡単です。

レントゲン写真は

①カタい物は白くうつる

②柔らかい物は黒くうつる

ということです。

口の中の硬いものとは?

①歯

②歯を支えている骨

③金属の詰め物や被せ物

です。

そして口の中の硬くないものとは?

①虫歯(穴があいている)

②歯の神経

③歯の神経の中にある病変

などなど。

 

レントゲン写真の中にはいろんな情報を見つけることができるんです。「お口を開けて下さい」と口の中をちょっとのぞいて肉眼で見ただけではわからないことがレントゲン写真では見えることができます。そして、お口全体のかみ合わせを診る時もレントゲン写真は必ず必要な材料となります。 

①カタい物は白く写る
②カタくない物は黒く写る

この2つを知って頂くだけでも今度からご自分のレントゲン写真を見た時に理解が深まります。

無料メルマガ購読募集中

銀歯をはずし白い歯に置き換える前に知っておくべきこと。
知っていれば歯を抜かずにすんだのに。
知っていれば歯の神経を残せたのに。
知っていれば入れ歯にせずにすんだのに。
先に知って頂くだけで歯の寿命を長くすることができる
メールマガジンを発行しています。


メルマガ登録は、無料です。