前歯の白い差し歯の土台が割れたら?

差し歯の土台が割れた場合|香川県高松市の吉本歯科医院

前歯の白い差し歯の土台が

割れてしまった。

「歯を抜かないといけないと診断された」

「どうにかして欲しい」

というご相談は非常に多いです。

 

先月美容整形に高額の治療費と投入し

「整形男子」として有名なアレンさんがブログで公表していました。

 

500万円かけた前歯の差し歯が大変なことになって

放心状態ということを明かしていました。

 

記事を読むと

同じような状態になって

お越し下さる患者さんは非常に多いのですが

その多くの患者さんは

まさかこんなことになるとは

「教えてもらってなかった」とおっしゃいます。

 

状況をお話しますね。

 

アレンさんはある日食事をした際、「バキッ!」という音とともに鈍い痛みがあり

数日間は前歯でかめない状態が続いていたと言います。

 

痛みは数日後にはなくなったそうですが違和感が続いたため、

現在滞在中の大阪にある歯科医院に足を運んだとのこと。

 

そこでレントゲンを撮ってもらったところ、歯科医から

「ジルコニアは硬いから割れないかわりに、逆に土台の自分の根本の歯に衝撃が来て、中で土台の歯が割れる事がある」と、

歯の土台が割れている可能性があることを指摘されたそうです。

 

この事態にアレンさんは「かなり深刻です」とコメント。

その理由について、

「ブリッジに前歯をしてて真ん中が1本欠損しててそれを、両隣の歯が支えてる。その両隣の土台の歯が中でボロボロに割れてるとしたら、歯が3本ない事と一緒で、支えが無くなる」と説明しており、「って事は、ブリッジ自体が難しくなる上に、入れていたジルコニアも、支えがないから再度入れられない事になるし、土台となる根本がなかったら、もはやジルコニアすら被せられない

と最悪の事態を想定していました。

 

 

アレンさんのように

前歯にジルコニアという硬い素材の歯を入れた方で

土台そのものが割れてしまったというケースは実は非常に多いのです。

 

土台そのものが割れてしまったとなると

白い歯を被せることもできません。

差し歯の土台が割れた場合|香川県高松市の吉本歯科医院

 ジルコニアという真っ白な歯を被せている

その土台となる支えの自分の歯は実は↑上の写真のような感じです。

 

前歯を白い歯にやり変える場合、ジルコニアという硬い素材を

選択される時には、必ず知っておくべきことがあります。

 

ジルコニアという素材は非常に硬いです。

 

硬いので割れません。

 

硬いからジルコニア(被せる人工の歯)は割れないかわりに

土台となっているご自身の根っこの歯に強い衝撃がかかります。

 

その衝撃により、歯の中にある土台であるご自身の歯が割れてしまうのです。

 

かみあう力のバランスにより

その衝撃が必ず弱い部分にやってくるのです。

 

どんなに白い歯にお金をかけても

土台となる歯が割れてしまったら

その後はもう「抜歯」しか、ありません。

 

土台がない歯には白い歯を被せることもできません。

見た目だけ

その時その場だけ良ければいいと治療してしまうと

大変なことになってしまいます。

 

歯の治療で最も重要なことは

かみあわせです。

歯の治療をする前に

将来どんなことが起こるのかを

先に知って下さい。

知らなかったから

こんなことになってしまった

ということにならないように。

香川県で金属アレルギーでお悩みの方はまずはご相談下さい。

金属アレルギーでお悩みの方、アトピー性皮膚炎、全身症状でお悩みの方まずは安心してご相談下さい。そのおつらい症状の原因はお口の中にあるかもしれません。