高松市の金属アレルギー対応の歯科|何度も歯の治療を繰り返していると歯がなくなってしまいます。

高松市の金属アレルギーを起こさない

歯の治療を提供する吉本歯科医院の吉本彰夫です。

 

歯の治療をしてダメになったら

また治療してもらえばいい
同じところが虫歯になったら
また歯を削って詰めてもらったらいい
今回はとりあえず、応急処置でもしてもらって
また悪くなったらやり直せばいい
こうお考えの方は
実はとても多いです。
しかし実は
違います。
歯の治療は、
何度もはできないのです。
その理由をお話します。
歯の治療の時
歯の根っこに芯棒を立てたり
被せ物をしたりする時に
接着材を使うんですね。
たとえば
ほこりが付いた紙同士をノリでくっつけても
すぐに剥がれてしまいますよね。
つるつるのキレイな紙同士であれば
ノリをつけるとピッときれいにくっつきます。
つまり
歯に何かをさらにくっつける(接着する)場合には
歯を一層削り取って硬くてきれいな面をまずは出さなければいけない
というお約束があるのです。
詰め物や
被せ物が外れた場合に、
外れたからといって、そのまま型取りして
そのままくっつけたとしても
残念ながらくっつかないんです。
一部がくっついたとしても
封鎖されない
という状態になってしまうんです。
隙間からバイ菌がどんどん簡単に入ってきてしまうもの
なのです。
歯の治療が必要な箇所は
汚れがついたり
ざらざらしたり
歯の表面はきれいな状態では決してありません。
そこでどうするか?といえば
歯の表面を薄く一層ですが
削るんですね。
歯の表面を一層削り
きれいな面を出してから
接着材をつけるんです。
もし、虫歯になっていれば
虫歯になっている部分は歯質が
やわらかく
なっているので
その虫歯部分も削らないと
硬い面、きれいな面は
出てきません。
ということは
そのぶん、歯を削る量も増えてしまう
ということなのです。
何度も治療を繰り返しているたびに、
「被せ物が取れた」
「詰め物が取れた」
「治療したところがまた虫歯になった」
とそのたびに治療を繰り返していくうちに
ご自身の歯は削られ
薄くなっていくのです。
歯が薄くなるということは
歯そのものの厚みが細くなる、つまり強度が弱くなっていく
ということです。
歯の強度が弱くなっていく
ということは
当然、
その歯を失う時期を早める、ということに
なってしまうのです。
どうか知って欲しいです。
歯を失わないために。
治療をすればするほど良くなる
ということは、歯科に関しては残念ながらありません。
歯科医師は神様ではないので
死んだ歯を蘇らせることは、できないんです。
あくまでも、
なくなった部分を他のもので補う
悪くなった部分を取り除く
ことが歯科の治療です。
もともとあなたのお口の中にある
ご自分の歯に勝るものは、残念ながらないのです。
治療することで
歯を失う時期を早めてしまうことも、あるのです。
治療にはメリットもありますが
デメリットももちろんあるんです。
場合によっては
何もしない。
無理させずに経過をみていく。
これも立派な治療オプション
なんです。
多くの歯を失い
大変なご苦労をされた方は皆さんこうおっしゃいます。
「もっと、はやく知っていればよかった」と。
知らなかったことで
あっけなく多くの歯を失っていくのです。

無料メルマガ購読募集中

銀歯をはずし白い歯に置き換える前に知っておくべきこと。
知っていれば歯を抜かずにすんだのに。
知っていれば歯の神経を残せたのに。
知っていれば入れ歯にせずにすんだのに。
先に知って頂くだけで歯の寿命を長くすることができる
メールマガジンを発行しています。


メルマガ登録は、無料です。