セラミックの歯は虫歯ならない?

セラミックの歯は虫歯にならない?

セラミックの歯は虫歯にならない?

セラミックスの歯は、虫歯にならないんですか?

という質問を多く受けます。

 

セラミックスの歯そのものは、陶器ですので虫歯にはなりません。

しかし、セラミックの詰め物や被せ物とご自分の歯との境目に隙間があきばい菌が入ってきた場合には、虫歯になってしまいます。

  

そもそも虫歯になる原因は何?

歯の表面、そして詰め物のさかい目にばい菌が付着し、

そこから歯が溶けて穴があいていくと虫歯の進行が始まっていきます。

 

多くの方がご存じないことですが実は虫歯治療に銀歯を使った場合には、

銀歯はほとんどが、口の中で腐食しています。

鏡をのぞきこんで銀歯を見てみたらきれいな銀色に見えても、

虫歯になった銀歯を外してみると、表面はきれいなんだけれども外した内側は真っ黒になってます。

 

保険診療で保険の範囲内でできる「白い詰め物、被せ物」をプラスチックの素材で詰める先生もいます。

もちろんお口の中に治療するのにこのプラスチックの材料を使用してもいいですよと保険診療ではいわれています。

 

しかし患者さんのお口の中が今、どんな状況でどのような大きさのものを、

そのプラスチックで強度が耐えられるのかというのは、その先生その先生によって、判断すべきであるとされています。

 

噛む面や奥歯だとプラスチックの詰め物や被せ物はすり減ってしまうんです。

ご自身の歯との間に段差ができてしまうんです。

 

段差がある部分、境い目にはばい菌が入り込みます。

そして、そこから虫歯になります。

歯とプラスチックの境目の部分にばい菌が入り込み

茶色い線が入っていますね。

 

これが歯と詰め物の「境い目」です。

境い目ですのでこの茶色い線はどんなに歯科医院で機械で磨いても除去できません。

 

もちろん、そこにもともと汚れが付いていて虫歯になったわけですから、材質を変えたとしてもきちんとメンテナンスができていなければまた同じように虫歯になります。

 

セラミックスも同じでセラミックスの周囲に汚れが付いたままでは同じように虫歯になってしまいます。

プラスチックも白い歯ですし、セラミックスも白い歯です。

この違いは硬さの違いがあります。

プラスチックだと簡単にすり減って、歯との間に段差ができて隙間ができてしまいます。

しかし、セラミックスの場合はすり減るということは実は少ないんですね。

欠けて割れるはあります。最近では欠けて割れにくいジルコニアという新しい素材もできてきてます。

同じ白い歯、白い詰め物、白い被せであったとしても全く強度が違うんですね。そうすると、そこはものが詰まりやすくなるので虫歯になります。

また、接着剤でこういう詰め物被せものをくっつけるわけですけれども、その封鎖というところで封鎖性の高い接着剤を封鎖性の高い処理を必要としてその処理をしてするということであれば虫歯にはなりにくくなります。

金属やプラスチックの場合はどちらかというと、ザラザラ、ギザギザで引っかかるようなイメージです。ですから言ってみれば、どんな接着剤でもそこにとどめることができます。

しかしながら、セラミックスはツルツルとしたお茶碗のような材質ですから接着剤でくっつきにくいです。

ですので、比較的同じ先生がつけた場合に接着剤の違いによってついたりつかなかったりします。

自由診療で詰め物が簡単に外れると、やはり先生も患者さんも残念な気持ちになりますので、いい接着剤を使おうという心情が働いてしまいます。

通常の銀歯をくっつける接着材と

セラミックの歯をくっつける接着材は

種類が違います。

セラミックをくっつける接着材の方が封鎖性は高いです。

ですので、その結果虫歯になりにくいということはあるかもしれません。

治療期間では、削ってすぐ詰めるというようなやり方だと早いのですが、きちんとした型取りであるとか、きちんとした作成であるとか、きちんとした処理をして、きちんと詰める。ということをすると治療時間や治療期間は長くなります。

最近では、従来の型取りをして模型をおこして、そこで歯科技工士さんが作るという工程ではなく、工業製品的なカメラで形を撮影し、ものを削り出して作りそれをお口の中で合わせる。というように治療期間を大幅に短縮する治療法も開発されていますので、ご相談なさってください。

セラミックやジルコニア

どんなに自由診療で良い材質を使っても

完全に封鎖されなけけれな虫歯は再発してしまいます。

良い材質を選べば虫歯にならないのか?という問題ではなく

強度がしっかりした材質を選び、ばい菌が再度侵入しないように

完全封鎖する技術が必要であるということです。

The following two tabs change content below.
香川県高松市。歯科の金属アレルギー対応 吉本歯科医院。歯学博士。噛み合わせを専門。金属アレルギーを起こしやすい方へ歯科金属アレルギーのご相談を専門に行っております。

香川県で金属アレルギーでお悩みの方はまずはご相談下さい。

金属アレルギーでお悩みの方、アトピー性皮膚炎、全身症状でお悩みの方まずは安心してご相談下さい。そのおつらい症状の原因はお口の中にあるかもしれません。