アマルガム治療が心配

香川県高松市の歯科金属アレルギー専門

吉本歯科医院の吉本彰夫です。

 

 

アマルガム治療が心配

患者さまから大変多く頂くご質問です。

「金属アレルギーで問題になっているアマルガム治療が自分の口の中にされており心配です」

という内容です。

 

アマルガム治療とは?

虫歯治療などの際に、歯を削って詰め物をします。

その時に歯の詰め物に使われているアマルガムという金属のことです。

そのアマルガムという金属が

水銀中毒、また今よく騒がれている金属アレルギーを引き起こす原因となっている、と言われているのです。

 

 

アマルガム治療に対する吉本歯科医院の考え方

あまりにも多いご質問なので、吉本歯科医院としてのアマルガム治療に対する考え方を

お伝えさせて頂きますね。

 

近年マスコミでもアマルガム治療について報道されております。

金属アレルギーという言葉は一般的になったと、思います。

 

小さな水ぶくれが手のひらや足の裏にでき、皮膚が荒れてしまうだけでなく、

放っておくと、胸や首、腰などの骨や関節が激しい炎症を起こし、

激痛をもたらすこともある恐ろしい病と大々的に取り上げられご心配かと思います。

ご心配である

または

湿疹などの症状が出ておられる場合には

歯科金属アレルギー検査をされてみることをお勧めしています。

(※歯科材料に使用する歯科金属の種類をお伝えしますのでご紹介先の病院皮膚科にて

金属アレルギー検査をお受け頂いております)

 

 

そして金属アレルギー検査の結果

アマルガムが溶け出しているようであれば治療をされることをおすすめします。

 

日本ではアマルガム治療は、保険診療で認められており、現在も一般的な治療として使われています。

アマルガムは、

銀、スズ、銅、少量の亜鉛、

そして残りの40~50%が水銀で構成されています。

 

この治療には賛否両論あります。

 

アメリカ歯科医師会(ADA)は、アマルガムに含まれる水銀は「安全」である、としています。

 

それに対し、スウェーデンやドイツでは使用が禁止されており、イギリスでも妊婦さんへの使用には警告を発しています。

 

私自身、学生時代にはアマルガムから生じる水銀よりも、食物や空気から生じる水銀の量の方が

多いことを教わりました。

 

しかし、これは実験室のお話であって、このアマルガムの予後は術者の腕によって、

また口腔内の環境によって大きく左右されます。

 

実際は3年以内でほとんどのアマルガムは劣化を示しており、約10年後には

70%が溶けて消失するという結果を出している研究者もいます。

 

このような理由から私は吉本歯科医院では、

虫歯治療に際し、「アマルガム治療」を行っておりません。

実際患者さんのお口の中で穴がポツポツと空いて溶け出していたり、

ヒビが入ったり割れていることがほとんどであります。

 

簡単に口の中から金属が溶け出して体内に取り込まれている状況をみると、

別の材料に置き換えた方が良いかと思われます。

 

確かに症状のない患者さんの方が数は多いかもしれません。

しかし、金属アレルギーは「なってから対策を考える」よりも、

「なる前に防ぐ」ほうが、望ましいと考えております。

 

ただし、奥歯のかみ合わせの強い力がかかる部分では、

保険診療で認められているコンポジットレジンなどの弱い材料に代えた場合、

将来的にすり減ってかみ合わせの高さが変わって顎や全身に悪い影響を及ぼしかねないことや、

破折して虫歯になりやすくなることもあります。

 

治療をした後の被せ物をお選びになる際には

咬み合わせのバランスをきちんとすることを考慮した治療計画を

立てることが最も重要です。

正しい咬み合わせとは

無料メルマガ購読募集中

銀歯をはずし白い歯に置き換える前に知っておくべきこと。
知っていれば歯を抜かずにすんだのに。
知っていれば歯の神経を残せたのに。
知っていれば入れ歯にせずにすんだのに。
先に知って頂くだけで歯の寿命を長くすることができる
メールマガジンを発行しています。


メルマガ登録は、無料です。